尿素ってなに?

ハンドクリームなどでよく見かける尿素○%配合って言う記述。実際尿素が含まれると何がいいのか?それをわかりやすく解説
MENU

尿素の効果は保湿よりも角質溶解作用が大きい

cream

尿素とは肌の角質層に含まれる天然の保湿成分で、今やハンドクリームなどのスキンケア用品に幅広く使われていますが実は使用に向いている人と向いてない人がいます。

 

例えば角質の少ない若い年齢の人や、僕の様な過度な敏感肌の人にはあまり向きません。掻きすぎて傷ついてしまった様な肌にも使用を控えたほうが良いでしょう。

 

尿素の働きにはもちろん保湿も含まれますがそれ以上に、ガサガサになった硬い角質を溶かして柔らかくするという効果が大きいんです。
ですので角質の少ない若い年齢の人にはあまり向いてないんです。

 

逆にある程度年齢を重ねて角質が増えてきた固くなりがちな肌には柔らかくする効果があります。若い人はかかとなどの角質が多い部分に使用すると効果があります

 

以上のことから尿素入りハンドクリームを使用する際には皮膚が薄い場所には使わず、かかとなどの角化している部分に対してのみ使用するという方が適していると思います。

 

尿素入りハンドクリームはこちら!


このページの先頭へ